口臭検査とプロフレッシュで息を無臭化

8割の外国人が「日本人の口が臭い」

在日欧米人の8割の方が、アジア人特に日本人の口臭が臭いという新聞記事が掲載されていました。

口臭測定器導入

数分でご自分の口臭を数字化します。人が気づく口臭かどうか判定できます。口臭の第一人者である本田先生の口臭治療に基づいて治療を行います。機械も本田式口臭測定器になります。

エチケットリスク検査で、3つの検査を行います。

唾液検査(唾液の力、虫歯、歯周病)、口臭測定、歯周病細菌検査(位相差顕微鏡による)を行います。この検査で、口臭・歯周病・虫歯のリスク度を出し、原因を特定し、対策を提案します。料金は3検査で、5千円(税別)です。デンタルドックにもこの検査を含みます。

プロフレッシュで息を無臭化

検査後は、どういった治療が良いのかご説明します。すぐに口臭を何とかしたい方にはプロフレッシュ洗口剤をお勧めします。瞬時に無臭になり、半日間持続します。パートナーや身内の人に口臭が気になる方がいたらその効果がすぐわかります。お勧めの商品です。

リステリンを代表とする他の洗口剤は、アルコールやラウリル硫酸ナトリウムを含むため体に有害です。刺激が強く、化学物質で匂いの元をコーテイングして口臭を感じさせなくします。ただ持続時間は、長くて2時間です。プロフレッシュは飲み込んでも安全です。ラウリル硫酸ナトリウムは、表面活性剤とも言われ、洗剤や歯磨き粉の中にも含まれています。多く取りすぎるとオスがメス化する原因になるとも言われています。

バクテリアセラピーも当院にて販売しております。プロフレッシュとバクテリアセラピー:プロバイオティクスタブレット(ブレスコントロールシリーズ)で、口臭の原因菌を少なくし、善玉菌を増やします。この製品は、他のバクテリアセラピー(バイオガイア、8020タブレット、LS−1)と違い、1ヶ月で口腔に定着するため効果が持続します。

喉が悪い(よく扁桃腺が腫れる)人にはお勧めで、舌根の付近に増殖する口臭の原因菌を減らす事により、口臭の改善、喉の調子もよくなるそうです。(本田先生による)

口臭の原因

舌の汚れ

(うまく咀嚼できていないと舌が汚れ匂いの原因になります)寝たきりの老人の方に多く、介護している方が一番口臭を感じているようです。プロフレッシュは息を無臭化するだけでなく、誤嚥性肺炎の予防にもなります。舌ブラシも併用すると効果的です。

口腔乾燥

ドライマウスで、唾液の量が減ると口臭の原因になります。加齢、自律神経失調症、薬物の副作用で起こります。プロフレッシュ、ガムをお勧めします。プロフレッシュを使用すると唾液腺開口部の詰まりを無くし、唾液が出やすくなります。また、ガムを口に入れるだけで、唾液がでます。また、噛むという行為は、咀嚼筋を動かし唾液腺を刺激します。

ガムも日本で販売されているロッテを中心としたガムの一部は、ビニールを原料としています。(メーカーで確認。どの製品がビニールか教えてもらえず)当院で販売している物は天然ゴムや安全な材料でできています。

口が渇く方は、ミネラルウオーターをお勧めします。お茶、コーヒーは利尿作用があり、お勧めしません。

歯周病

歯周病菌がたくさんいる方(歯周病菌検査でわかります)は、根本的な歯周病治療や除菌をお勧めします。

関連記事

  1. 炭酸飲料水は歯を溶かす

  2. 口腔ガン注意

  3. 歯みがきセット

    「薬」で治す歯周内科治療

  4. 医院によって自費のレベルは全く異なる

  5. 入れ歯やブリッジは歯をだめにする

  6. カボ、シロナのユニットについて

PAGE TOP