光殺菌・PDT治療

光を使った歯周病治療

観音寺市、三豊市の高校生以上の歯周病罹患率は全国平均を上まるのではないかと思います。
歯周病菌は、再発率の高いヤッカイな病気です。

PDT治療とは

PDT(photo dynamic therapy)光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。
医科でもガン治療やニキビ治療などに有効で積極的に取り入れています。抗生物質より歴史が古いといわれています。

歯周病の現状

歯周病の現状

25歳以上の約80%の人が歯周病と言われています。
歯周病歯死茎や骨に大きなダメージを与えるため、進行すると歯が抜け落ちてしまいます。

人の口の中には約500種類以上の細菌が生息しています。
その中の数種類の菌が歯周病を引き起こし炎症が起こり始めます。
従来、歯周病菌に対する処置方は抗生物資野投与が一般的でした。
しかし、抗生物質は細菌に対し非常に有効ですが、長期使用により耐性菌が生産され、あまり効かなくなってしまうのです。

PDT治療の特徴

PDT治療の特徴

 PDT治療の原理

PDT治療の原理

バイオジェルと呼ばれる染色液で歯周病菌を染めます。
このバイオジェル光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来ます。
この生体に安全な活性酸素(一重項酸素)は細菌を殺す特徴があります。

PDT治療の流れ

当院ではPDT治療に「ぺリオウェーブ」システムを使用しています。
ぺリオウェーブは人体に安全で、熱による侵収も無く痛みを伴いません。

PDT治療の流れ

治療例

治療例

ほとんどの場合、1回~3回の処置で1~3ヶ月で改善します。
歯周病は再発リスクの高い病気です。
改善後も予防の為に3ヶ月おきの受診をお奨めします。
※治療回数には個人差があります。

お電話でのご相談・予約はこちらからお願いします。

TEL:0875-24-4618

関連記事

  1. 歯みがきセット

    「薬」で治す歯周内科治療

  2. リグロス・歯周再生療法~歯周病で失った組織の回復~

  3. 口臭の原因?

  4. 3DS除菌治療

  5. 口腔内の撮影

    歯周病外来

  6. 口臭検査とプロフレッシュで息を無臭化

PAGE TOP